ロープレスキュー受講にあたっての順番やオススメ

講習会に関する質問について、また、私が考えるおすすめの受講の順番についてお答えします。

 

Q いきなりTRR(テクニカルロープレスキュー)の3日間講習を受けていいですか?

 

A はい、職場等でロープレスキューの訓練をされている方は、TRRから受講して頂くのもよいと思います。

初めての方やどうかなと思われるかたは、1日のベーシックロープレスキューの講習から受講してください。

 

ベーシックは、TRRと重なる部分があります。復習を兼ねながらより深い理解が可能です。いきなりTRRを受講すると進行のスピードが速くて追いつくだけで精一杯になるかも知れないからです。

Q ART(アドバンスドロープレスキュー)の受講に順番はありますか?

 

A 受講に順番はありません。どれから受講して頂いても大丈夫です。但し、ARTはTRRで行った基本を元に、基本を少し変更することで応用的なことが出来るというコンセプトなのでTRRの受講を済ませてからARTへとお進みください。

 

ベーシックの受講だけだと、例えば、ARTでガイディングラインを行う場合に、展張のことを行っていないと、基本的な考え方や前提を抜きに行うことになりかねないので、やり方はわかっても考え方や「なぜ?」の部分が理解出来なくなる可能性があります。

 

Q おすすめの受講の順番は?

 

A 私かお勧めする順番は以下の通りです。

 

ベーシックロープレスキュー(経験によってはTRRからも)

TRR

ART(どれからでも)

アリゾナボーテックス(ARTを1つまたは2つ受講後、TRRの後すぐでもいいですが、間にARTを挟むことで熟成の意味を含みここに入れました。)

ART

 

また、ロープ以外にも、高所作業特別講習とSRT(スィフトウォーターレスキュー)があります。

高所作業は、墜落制止用器具を含め、法令面の知識を整理するのに有効です。実技も行いますが、過去のTRR受講済みの方がアサップなどの使用等技術を補完するためにご利用下さい。

 

なお、2021年からTRRの講習内容に高所作業を特別講習の講座を組み込んでいるため、これからTRRご受講予定の方は受講は不要です。

 

SRTは、ロープを使った張り込みなどを河川でおこなうためロープレスキューとは一味違いますがロープレスキューの技術の幅を拡げるために参考になると思います。

 

滑車効率 

プーリ(滑車効率)についての質問を受けました。

 

インターナショナルレスキューシンポジュウム始め、過去の資料に載っていたような気がして探してみました。

 

が・・・・・・

「資料が拡散していてない」というか「部屋が散らかっていて見つからない」

 

まずは、私のKKシステム(記憶と感)で言及すると

 

カラビナは滑車効率0.5

 

すなわち力を半分ロスします。

 

3インチの滑車は0.95

 

すなわち力をややロスします。

 

ここからは感覚ですが

MPDとクラッチは、プーリーと同感覚で効率良く引けます。

但し、MPDの方がほんの気持ち効率がよいと感じます。

 

IDは3倍が2倍くらいの感覚なので、数値にすると0.65から0.75位となります。

 

今後、私のKKが実際どの程度なのか、展張計を使用して計ってみます。

首を長くしてしばしお待ちください。

 

 

 

2テンションシステムのデメリット

2テンションシステム、またの名をツインテンションシステム、またまたの名をミラーシステムやミラードシステムと呼ばれる方法です。

 

従来のメインビレーシステムと違うやり方で、メイン100の荷重、ビレーは0の荷重でシステムを運行させるのではなく

 

1本のロープに荷重50%、もう一本の荷重に荷重50%と双方のロープに荷重を乗せて行う方法です。

MPDが出てからロープレスキューのシステムの運用方法が大きく変わった方法ですが、数年前にMPDの開発者のカークさんからプロトタイプのMPDとともにそのやり方を教えてもらった時には、これほどまでに注目されるとは思っていませんでした。(汗)

 

メリットは、当社で行うテクニカルロープレスキュー(TRR)でもご紹介していますし、色々な所で語られているのであえて語ることは今回はしませんが

 

梅雨のこの時期ならではのあまり語られることのないデメリットについて記載します。

梅雨ならではの、MPDやクラッチやマエストロを使ったツーテンションシステムのデメリットは以下です。

 

 

「なんじゃこれ」となるかも知れませんが。この写真は、泥まみれになった、白色ロープです。

 

そうなんです。泥や雨の環境での2テンションシステムは、非常にやりづらいです。

 

ロープが思い通り出ない、出ない。スースーと意図しない出方になります。

 

こんな時は、元祖の”ブレーキバーとプルージック”のメインビレーシステムが個人的な意見ですがやり易いです。

 

梅雨ならではの話題でした。

RESCUE JAPANブログ